ORENOHEYA

自分の思いを書いたり、出来事を書こうとしてます。中学生の頃のホムペの楽しさが忘れられなくてアラサーになってブログはじめました。

朝が苦手





朝6時半頃からおはようございます。

 

突然ですが、みなさまは朝は得意ですか?

 

 

朝と言えば、

怪しいインフルエンサーやそれなりの権威の皆様は、朝が良い!朝活だ!!朝がゴールデン!!!と押しに推しまくっていますね。

 

確かにそれは超共感。

 

朝活したぜ〜!いい朝すごしたぜ〜!

朝だからまだ1日こんなあるぜ〜!

 

となりたい言いたいマウント取りたい。

憧れの眼差しバンバンに飛ばしてます。

 

 

けれども

自分はクソがつくほど朝苦手。

 

 

これまたしかし、そんな朝とは、自身の結婚を期に穏便な関係を築くことができかけているなと感じる今日此頃。

 

 

いつの日か、自分も朝活インフルエンサーになって、苦みしか無いブラックコーヒーを啜りながら朝の魅力について世の中の寝坊助ちゃん共に上から目線で語れるのではないか、と淡い期待で胸を膨らませつつ、自分の今までの朝への気持ちの変遷をまとめてみることにした。

 

 

 

  • この記事を読むメリット 特になし
  • この記事から得られること 特になし

 

 

【小学生・中学生時代】

 

母親の声が朝の始まりを告げる。

 

『起きて〜。』

『ご飯できたよ〜。』

『遅刻するよ〜。』

 

 

1階から響く母親朝の3連コンボ。寝起きの自分には大ダメージ。すでにイライラしてきている。

 

当時は母親がアラームを兼務していた。

そして、何度か無視した後に不機嫌に起きていた。

 

 

階段を降りて食卓につく。

眠い目をこすってる間に運ばれる朝食。

 

米、みそ汁、納豆やシャケ、並々に注がれた牛乳。

 

和食の初期設定が出てくる。

 

別に我が家は風情ある平屋でもなく、父親が着物で過ごしてヴァッカモーンと奇声を上げる家庭では無い。しかし朝飯に関しては標準和食セットだった。

 

これが嫌いだった。

そもそも米と牛乳が合わないと感じる。

 

本当は甘い菓子パンが食べたかった。

そんな物は年に数回しか出なかった。

 

 

でも出されたものは食べる。男だから。

文句言いながらも食べる。

 

そうこうしていると朝の1番嫌いな時間に差し掛かる。

 

…CMだ。

 

めざまし派の我が家。

 

6時代の朝のCM、

なんのCMかは忘れたけど

 

アニメーションのおばさんが五月蝿い声を上げている。

 

朝から騒ぐ系統のCMどうにかならんのですか。

 

 

 

当時、このCM作った奴に懲役7年半を!と短冊に書きたい気持ちまであった。

 

 

 

飯を雑に食べて、食器を下げることもなく不機嫌に準備をし、玄関のトビラを開ける。

 

 

 

朝は苦手だ。

 

 

【高校時代】

 

電車通勤になった。

 

ギリギリの電車にギリギリに乗るというカトゥーンみたいな生活が始まったため、朝がタイトにそして時間にシビアになった。

 

結果、朝がより苦手になった。

 

 

相変わらず母親の声で起こされ、CMを憎み、文句言いながら飯を食らう。そんな朝。

 

それに加え、思春期という長く暗いトンネルへ突入。

 

(お母様には本当に多大なご迷惑をおかけしました。)

 

 

雑に家を出て乗り込む電車。

 

誰とも話したくない、なぜなら話す元気がない。

 

 

しかし人間というのは不思議なもので、朝に苦手な人いれば、めっぽう強い人も存在する。

 

そんな奴に限って同じ電車、同じ車両に乗りこちらの気も知らずいけしゃあしゃあと話しかけてくる。そんな奴に限って。

 

適当に相槌を打つが当然会話は盛り上がらない。

 

 

ただ気まずい空気と電車に揺られるのも嫌なので、車両をずらしたり、電車から降りるのも一番最後にしたりと創意工夫で乗り越えた。

 

 

相変わらず苦手な朝。

 

 

【大学時代】

 

ついに一人暮らしを始めた。

 

アラームマザーから解き放たれた。

 

代わりに手に入れた強めのアラーム付き時計と共に朝を攻略することにした。

 

 

 

 

ダメだった。

 

 

アラームは俺を起こしてくれない。

鳴っているのかも怪しかったのだが、1度部屋の扉に、「アラーム止めてください。うるさいです。」とタラちゃんが書いたかのような張り紙をされたので恐らく鳴っていたのだろう。

 

そして気づいた。

朝起きれないことは学生にとって致命的とも言えることに。

 

ことごとく1限目に出席できず、必須の単位を落としまくった。

4回生になっても1回生と授業受けてた。

 

 

 

食欲がないから朝飯も食べることは無くなった。

 

絵に書いたように堕落した。

 

ただそんな堕落生活、今思えば悪くなかったな。自由で。

 

 

 

 

【社会人になって】

 

社会人になった。

あっという間になってしまった。社会に解き放って欲しくなかった。

大学生でいたかった。

 

 

社会人になってからも相変わらず一人暮らし。

たまの遅刻はあるものの、不思議と仕事は行けるものだ。

 

朝飯を食べない生活が続くかと思われたが、所得を得たので職場最寄りのコンビニでパンを買うようになった。

 

夢の菓子パン。憧れの朝から甘い菓子パン&ジュース。

美味しい!菓子パンと牛乳であれば朝飯食べれるし菓子パンの糖分かなんかで脳が働くのではないだろうか。

 

ただ職場についてもしばらくは省エネモード。

 

できれば話しかけないで。できれば電話は鳴らないで。

あとちょっと待って。もうちょっとしたら頑張れるから。

 

 

 

まだ朝と仲良くなれなかった。

 

 

 

【結婚して】

 

大きな転換を逢えたのは結婚だ。

 

昨日までの他人と共同で住むようになった。

 

朝に弱いことを理解してくれている嫁さんと弊社独自の研究を重ねた結果、

 

コーンフレークなら食べれるかもしれないことが判明。

(菓子パンも食べれるが栄養面から却下された。)

 

 

コーンフレークだよ〜!

毎朝出てくるのはフルーツグラノーラ

 

偽物だ!!!

 

それでも毎日フルグラをたべる。

残さず食べる。男だから。文句は言わなくなった。

 

 

出されたフルグラと牛乳をとにかく口いっぱい含んで横になって目を閉じ口を動かす。

 

飲み込んだらまた口に含む。

 

数回繰り返すと皿は空になる。

 

 

 

朝のアラームは5個に分割して鳴らす。

そう、波状攻撃だ。

 

嫁さんからは苦情が寄せられている。

起きないのに何個もつけるなと。

 

 

「人生は一度切りであっても、アラームは一度切りで会ってほしくない。」

 

後世に残したいレベルの名言を嫁さんに届けた。どこか遠くを見る嫁。

 

思いは伝わらず平行線のまま。

アラームは5個のまま。ごめん。

 

 

でも

フルグラを毎朝食べると、朝から少しの会話ができるようになった。

CMにも切れなくなった。大人だからね。嫌だけどね。

 

あの特有のローカルCM。雑な作り込みの。画素が悪い奴。

 

 

 

まあでも

 

克服とまでは行かないものの、朝に激弱から弱くらいにはなれたかな。

 

 

 

意識改革!行動実践!!早寝早起き!!!

 

続けたい。そしてあと3年後には、朝活人間になれるように

 

 

ね。

 

 

それでは。